· 

子どもが信頼できる大人って?

発達支援の前に大切なこと

子どもの支援で
とても大切なことの一つ
それはやはり
「信頼」だと思います。
信じて、頼ってもらえること

そこをぽ~ん!と飛ばしても

辛いです(><)
子どもはもちろん
私たちも、です

でもそれには
どうしたらいいの?

そんなに簡単には
無理だよね
はい、たしかに^^;


でも、頭で考えないで
感じてみてください

私たちも
どうしたら相手を
信頼できるようになるんでしょう?

イメージしてみてください。 この中で、あなたが
信頼できそうな人はいますか?
三択です!(笑)

1.何度も繰り返し
「きみはすごい!」
「やればできるんだ!」と
言ってくれる人

2.困ったときや、不安な時に
「大丈夫だよ」と
守って安心させてくれる人

3.知識をたくさん持ち
能力も高く
的確に導いてくれる人

どうですか?

実は正しい答えはありません
(ごめんなさい!)

でもね

もし小さな子どもだったら?
どの人が信頼できると
”感じる”と思いますか?


多分、2人目の人だと思うんです。

まず守ってくれる
安心させてくれる大人

そして実はもう一つ
大事なことがあります!

それは・・・ 
ただ言葉だけで
大丈夫って言うだけじゃなくて

痛いところを撫でたり
抱きしめたり
その子が
「これでだいじょうぶだ~!!」
これでやっと安心できる、と
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ちゃんと「体で感じられる」ように
手を尽くしてくれる
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

そこを分かってくれる人には

子どもは
きっとこの人は自分を絶対に守ってくれる
信頼できる大人だって
感じるんですね、体で
頭で考えてじゃないですよ
全身で感じるんです!

だからたとえ
その人が怒ったとしても
それは自分を本気で思っているからなんだって
そう感じられるから
辛くてもちゃんと受け止められるし
育つんですよね。

そう、
自分は愛されているんだって
実感できるんだと思います。

小さな子どもだからこそ
全身で感じ

本物を見分けるんだと思います。

私もまだまだです。

でも年々感じていること
それは

そんな大人がいてくれるのを
待っている子どもが増えている
ということ

りっぱな指導者よりも
信頼できる大人と出会いたい
そう思っている子どもたちは
増えています。

これは私たち大人の宿題なのかも知れません。

そしてこれは
発達支援というより前に
もっと大切なこと
そして
大事な基本でもあると思います。