· 

園や学校の集団生活に馴染めないのはなぜ?

家庭では、順調に生活できているし、

ひどく困らせることもないのに、

 

園や学校など、

 

集団生活に馴染めない

という子どもは少なくありません。

 

このような困りごとにも実は

 

発達は道すじ

発達には順番(プロセス)がある

 

ということを理解することで、

子どももそして親や先生も

安心して、より心地よく過ごせるようになる

可能性があります。

 

では

集団に馴染み、充実した生活を送るためには、

どのような発達が必要でしょうか?

 

それは

①自分を認識できる 

②自分以外の物や人を認識できる 

そして

③大人との関わり→子ども同士の関わりができる。

などの発達が必要です。

 

そして何よりもまず、

①の自分を認識できる、という発達が

全ての基盤になります。

 

では私たちはどのように、

自分を認識していくのでしょうか?

 

それは

自分の体を「感じる」という

実体験がある、それが何度も体験できる

ということなんです。

 

例えば赤ちゃんであれば、

 

オムツをかえてもらう

おくるみに包んでもらう

 

それから

ゆらゆら揺らしてもらう

撫でてもらう

 

いろんな体験が十分に得られること

 

ここです!

 

これは、「感覚体験」とも言えますね^^

 

このような体感が得られることで

私たちは徐々に

 

わたしってこんな感じかな~

と意識し始めていきます。

 

そして自分でもいろいろと動けるようになっていくと

ますます、このような発達が進んでいきます。

 

そしてこれが育っていくと、

 

・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・

 

ああ、わたしって、

ここまでなんだ(足先・指先まで意識できる)

 

あ~重いものを持つって

こんな感じなんだ(筋の張りを感じる)

 

というように

 

「自分の身体」を知る、把握できるようになっていきます。

 

そしてこの育ちがナント

 

将来の

 

物や他者との関わりに

大きな力になっていくんですね。

 

ですからまず、

 

私たち大人が

 

知育にいきなり目を向けるのではなく

 

その基盤が何なのかということを

知ることが大事です!

 

そして

子どもたちの体を愛おしみ、

子どもが心地いいな~

安心だな~

 

と感じられるような

身体のお世話や関わりを

 

もっともっと増やしていくことが

とても大事だと思います♡

 

是非私たち大人も

子どもたちと身体を使った遊びなども

楽しむ機会を増やしたいですね♪